1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

FIPワクチンとFIPを予防するその他の方法

FIP Vaccine

猫伝染性腹膜炎(FIP)は不治の病であり、しばしば致命的なウイルスである。 現在のところ有効な治療法はないため、症状が出る前に予防することが重要である。

現在、一貫して有効なFIPワクチンは知られていない。 このため、一貫した薬がない現状では、猫にこの病気をうつさないようにすることが非常に重要である。 猫の飼い主は、飼い猫の健康に責任があるため、特に一度に多くの猫を飼っている場合は用心すべきである。

最も理解しがたい病気のひとつがFIPである。 この病気の診断、管理、予防については、今後も議論が続くだろう。

FIPについてはまだ分かっていないことが多く、またコロナウイルスは世界的に多くの猫に容易に感染するため、私たちがFIPを避けることができるかどうかは疑わしい。 FIPの予防接種はあるが、病気を予防できるという証拠はない。

FIPの理解と予防接種の必要性

FIPは猫に重い病気を引き起こす危険なウイルスで、その蔓延を防ぐためにワクチン接種が必要です。

FIPとは?

FIP(猫伝染性腹膜炎)は猫に感染するウイルス感染症で、猫コロナウイルスの特定の株によって引き起こされる。 猫の間で非常に感染力の強い病気で、感染した猫の唾液、尿、糞便、寝具などに直接触れることで急速に広がる。

FIPはその複雑さゆえに診断が難しいことが多いため、純血種の猫でもランダムブリードの猫でも、特に若い子猫でも、何の前触れもなく発症する可能性がある。 FIPの治療には、症状の重さに応じて、抗生物質や鎮痛剤のような支持療法だけでなく、必要であれば点滴や腹部に直接輸液を行うなど、より集中的な治療も行われます。

FIPの確実な治療法はまだありませんが、ワクチン接種により、FIPにかかりやすい猫のリスクを軽減できる可能性があります。

なぜFIPの予防接種が重要なのですか?

FIPは、コロナウイルスFCoVによって引き起こされる猫の致命的なウイルス性疾患である。 猫がFIPを発症すると、致死率はほぼ確実である。 このウイルスに対するワクチンを接種することで、猫がFIPに感染し、最終的に死亡することを防ぐことができます。

現在、治療に使用できるワクチンの有効性は限られているが、この致死的なウイルスに対するワクチン接種を猫に行うことで、ワクチンの効果的な投与と標準的なプロトコールに従ったフォローアップ接種を適切に行えば、発症率を大幅に減少させることができる。

日常生活で遭遇するさまざまな環境条件による感染症や暴露に関連する危険因子を評価する際に、予防接種が考慮されるように、猫は定期的に予防接種を受け、注意深く観察する必要がある。

FIPワクチンの種類

現在、市販されているFIPワクチンはVanguard® Feline FIP Intranasalのみである。

猫 FIP 経鼻剤

は、16週齢以上の猫を猫伝染性腹膜炎(FIP)から守るために開発された非アジュバント経鼻ワクチンです。 FIPは猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)によって引き起こされ、死亡を含む重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

このワクチンは経鼻的に投与され、FIPに対する最適な防御のために3~4週間の間隔をあけて2回接種される。 FIPVの温度感受性型ワクチンを接種した猫は、接種していない猫に比べ、この病気から測定可能なほど保護されていることが研究で判明している。

また、Vanguard®社では、生後16週齢以降の子猫および成猫の予防のために、このワクチンの注射剤も提供しています。 FIPワクチンを接種することで、生命を脅かすウイルスから猫を守ることができます。しかし、FIPワクチンは猫の健康を守るための1つの要素に過ぎず、猫の健康を守るためには、ストレスレベルを下げる、適切な栄養を与える、伝染病を持つ他の動物と接触する可能性のあるキャッテリーや保護施設に猫を預ける際には特に注意するなど、他の予防策も講じる必要があります。

FIPワクチン接種の利点とリスク

FIPに対するワクチンを接種することは、この危険なウイルスから猫を守る効果的な方法ですが、ワクチンに伴う潜在的な利益とリスクの両方を理解することが重要です。

FIPワクチン接種の利点

  • FIPやFCoV感染症など、猫コロナウイルスによる疾患からの保護。
  • 猫から猫への病気の感染リスクを低減。
  • FIPおよびFCoV感染症に罹患した猫の予防による生活の質の向上。
  • ワクチン接種によりFIPの重症度が軽減され、治癒する可能性もあるため、寿命が延びる。

FIPワクチン接種のリスク(抗体依存性増強)

FIPワクチン接種は、抗体依存性増強(ADE)に関連するリスクを伴う可能性がある。 FIPV自体は抗FIPV抗体の存在下でADE効果を示すことが示されており、このことは関連ワクチンの開発時に懸念された。

  1. 死に至った異常な内臓反応
  2. 再接種しても治癒しなかった持続性感染症
  3. ワクチン接種前の死亡率と比べたワクチン接種後の死亡率の増加
  4. 非感染動物とワクチン接種動物を比較した場合の病原体分布の変化

FIPから愛猫を守るその他の方法

ストレスレベルを下げ、適切な栄養状態を維持し、搭乗時には特に注意するなど、愛猫の安全と健康を保つために毎日できる簡単なステップがあります。

アメリカ猫開業医協会は、FIPワクチンが存在するにもかかわらず、その接種を勧めていない。 ワクチン接種を受けるのに十分な年齢(生後16週齢)になるまでに、大半の猫はすでに猫コロナウイルスに暴露されているため、ワクチンの効果は低くなる。

以下は、猫コロナウイルスに感染するリスクを下げるための予防法の一例ですが、FIPを阻止するものではないことに留意してください。

  • 水とフードのボウルは、トイレの近くに置かない。
  • 猫ごとに異なるトイレを使い、さらにもう1つ追加する。
  • 居住スペースや餌・水ボウルの掃除には、薄めた漂白剤を使用する(漂白剤1に対して水32)。
  • 緊張を和らげるために、環境を豊かにする(パズルのおもちゃや猫の止まり木など)。
  • 過密状態を避けるため、多頭飼いの場合は各部屋に3匹までとする。

FIPに罹患した猫は、稀で複雑な、そして重篤な致死性の疾患を患っている。 猫に病気の症状が出始めたら、できるだけ早く獣医に連れて行きましょう。

子猫を感染源から遠ざけると、母体で産生された抗体が離乳するまで子猫を感染から守る。 FCoVは非常に感染力の強いウイルスである。

ストレスの軽減

猫のストレスを軽減することは、猫伝染性腹膜炎(FIP)の発症を防ぐ最も効果的な方法のひとつです。 ストレスは免疫力を低下させ、FIPのような病気にかかるリスクを高めます。

混雑した環境や混乱した環境での生活、日常生活の極端な変化、不慣れな人や動物のそばにいること、身体的な痛みや不快感などはすべて、猫のストレスの原因としてよく知られています。

多頭飼いやシェルターで暮らす猫は、過密状態のためストレスレベルが高くなりやすい。 そのため、飼い主は、隠れ場所をたくさん用意し、子供や他のペットから離れた静かで平和な時間を過ごし、豊かな生活環境を提供することが重要である。

また、ボールや杖のようなおもちゃを使ったふれあい遊びは、猫の体や心に余計な負担をかけず、活発に活動させるのに役立ちます。 家の周りにフェロモンディフューザーを設置することで、猫の不安を軽減するために特別に設計された落ち着いた雰囲気を作り出すこともできる。

適切な栄養補給

愛猫の健康を維持し、FIPのリスクを減らす鍵は、バランスのとれた栄養豊富な食事を与えることです。 猫の栄養には、必須脂肪酸、タンパク質、食物繊維、水分、ビタミン、その他のミネラルや微量栄養素が含まれていなければならない。

これらの重要な栄養素の一部は、目の健康のためにビタミンAを含むブロッコリーやニンジンなどの野菜や、免疫系をサポートするオメガ3を含むレンズ豆や魚油など、添加物だらけの加工キャットフードを避けながら食べ物から摂取することができる。

可能な限りオーガニックのものを食べれば、毎日の食事に必要なものをすべて与えることができ、猫の健康全般に影響を及ぼす可能性のある有害物質の添加を防ぐことができる。

また、通常の食事だけでは1日に必要な栄養を満たせない場合は、他のサプリメントが必要になることもある。 例えば、猫のエネルギーレベルが低くなりがちな場合、疲労を防ぐために鉄分のサプリメントが必要になるかもしれない。

 

搭乗時の注意事項

十分な衛生管理と過密状態を避けることは、FIPの感染を最小限に抑えるための重要な戦略である。 愛猫を守るために、宿泊施設が清潔でよく管理されていることを確認すること。

衛生管理は、すべての表面の定期的な消毒、従業員の手洗い手順の厳守など、清掃プロトコルの定期的な一部であるべきである。 さらに、過密状態を避けることも重要である。滞在中は、1匹から他の動物へのウイルス感染の可能性を減らすため、猫は個別に、または少人数で飼育されるべきである。

健康なペットの安全を守るか、伝染性の強い病気に感染させるかの分かれ目になるかもしれません。

多頭飼いのための特別な注意事項

FIPを発症した猫は多頭飼い(5匹以上)、アニマルシェルター、繁殖用キャッテリーの出身であることが多いため、ストレスが一因となっている可能性があります。

FIP陽性の猫を他の猫から引き離し、特に病気の猫のトイレを掃除した後は、頻繁に手を洗いましょう。 獣医師は、FCoVに感染するリスクを減らすため、FIP陽性の猫が亡くなってから約1ヵ月待ってから新しい猫を家に迎えるよう飼い主にアドバイスしている。

獣医師は、多頭飼いの場合、FIP陽性の猫が亡くなってから少なくとも3ヵ月は待って、その家にいる他の猫にFIPの症状が出ないか確認するよう勧めている。 これらの猫はFCoVに感染しており、ウイルスを保有している可能性がある。

FCoVは、薄めた漂白剤(漂白剤1に対して水32)で洗浄することで除去できる。 猫1匹につき、必ず予備のトイレを1つ用意しておくこと。 例えば3匹の猫を飼っている場合、少なくとも4つのトイレを用意する必要がある。

猫の生息環境を充実させることで、ストレスが軽減される可能性があることが実証されている。 キャティオ、室内用キャットツリーや止まり木、窓際の止まり木、フェリウェイのようなフェロモンの使用、水飲み場、猫のおもちゃ、フードパズルなどがこれに含まれる。

結論

FIPコロナウイルスに暴露されたすべての猫が発病するわけではありません。 推定によれば、ウイルスに暴露された猫や、この病気が存在することが知られている猫のコロニーにいる猫の8~20%にFIPの臨床症状が現れるという。 残りの猫たちは病気に対する免疫を獲得しているか、あるいは単に病気に反応しない可能性がある。 ウイルスに暴露された猫のごく一部が発病する理由は不明である。

FIPに対する猫の体の主な防御は細胞媒介性免疫反応であることはよく知られている。 細胞介在性免疫の弱い猫は、この病気にかかりやすいかもしれない。 体液性(抗体)防御機構は、FIPウイルスが引き起こす害を実際に増幅させることで、一部のネコの死に関与しているようだ。

FIPに対する唯一利用可能なワクチンは、その効果が100%ではないことが判明しており、一般的に予防措置として猫には推奨されていない。 したがって、FIPの予防には、家庭内および猫との同居中/旅行中の両方で、ストレスを最小限に抑え、適切な衛生習慣を身につけることが必要である。

医学の進歩により、FIP対策に希望が持てる新たな選択肢が生まれたとはいえ、責任ある飼い主は、ペットがこのウイルスに関連するリスクにさらされないよう、警戒を怠るべきではありません。

 

error: Content is protected
0