1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

猫がFIPになるメカニズム:猫のFIPの原因は?

猫はどのようにしてFIPに感染するのか?

猫コロナウイルス(FCoV)は猫のFIPの主な原因ですが、他の感染経路も考えられます。

猫コロナウイルス(FCoV)

猫コロナウイルス(FCoV)は猫によく見られるウイルス感染症で、通常、症状は出ないか、軽い下痢を伴う程度です。 感染力が非常に強く、同じ家庭内の猫同士の直接接触、間接接触、糞便-経口感染によって広がる可能性がある。

FCoVはエンベロープと一本鎖RNAゲノムを持つウイルスである。 ウイルスは非常に弱いため、多くの一般的な消毒剤ですぐに不活性化させることができる。 猫同士の距離が近い、あるいは多頭飼育されている猫は、暴露や感染を受けやすい。

FCoVは人獣共通感染症ウイルスではない。 しかし、ヒトに感染したという報告もいくつかある。 FCoVは、病気の猫の唾液、鼻汁、糞便、ウイルスに汚染された物との接触によって最も一般的に感染する。

FECV(猫腸管コロナウイルス):

このウイルスの病原性が低いバージョンがFECVである。 主に猫の消化管を侵す。 感染した猫の多くは無症状で、病気の臨床症状を示さない。 FECVは特定の患者に下痢などの中等度の胃腸症状を引き起こすことがあるが、通常は治療なしで消失する。 FECVに感染した猫は糞便中にウイルスを排出し、他の猫に感染する可能性があります。

FIPV(猫伝染性腹膜炎ウイルス):

FIPVは猫伝染性腹膜炎(FIP)の原因となるウイルスの中で最も危険で危険な株です。 FIPVは同じ動物のFECV変異から発生することがある。 FIPVの移行は十分に理解されておらず、猫の免疫学的反応を含むさまざまな状況によって影響を受ける可能性がある。 FIPVに感染した猫は発熱、嗜眠、体重減少、胃拡張(ウェット型)、臓器機能不全を起こすことがあります。

FIPはどのように感染するのですか?

FCoVは猫同士の直接的な接触、物や環境の間接的な汚染、ウイルスを含む糞便の摂取、感染した猫からの呼吸器飛沫などによって感染する。

直接連絡する:

猫は猫コロナウイルス(FCoV)に感染し、感染猫との密接かつ直接的な接触によってFIPを発症する可能性があります。

このウイルスはさまざまな環境で生存できるが、空気感染はしないため、猫から猫へ感染させるには直接接触する必要がある。 つまり、猫がウイルスに感染するためには、感染した動物や汚染された表面に接触しなければならない。

グルーミング、お互いの匂いを嗅ぎ合うこと、噛みつくこと、フードボウルを共有すること、その他の密接な相互作用は、猫同士のFIP感染に不可欠である。感染には唾液やその他の体液中に大量のウイルスが存在する必要があるからだ。

また、このような感染経路が感染を保証するものではないことにも注意が必要である。直接感染しても、遺伝的体質や免疫システムの状態によって抵抗力があるため、症状が出ない猫もいる。

間接的な接触:

ウイルスは、汚染された物や環境を通して間接的に感染することもある。 このウイルスは、適切な条件下では環境中で数週間生存することができる。

つまり、感染したネコと直接接触していなくても、他の感染源からウイルスに接触すれば感染する可能性があるということだ。 例えば、感染した猫の砂で汚染された寝具や食器、他の猫がお互いの毛をひっかいたり噛んだりすること、他の猫がウイルスを含む糞便を付着させたり排出したりした場所で遊ぶことなどによって、猫はFIPに感染する可能性があります。

このため、トイレのような場所は、ぬるま湯と石鹸を使って定期的に掃除すること(使用するたびに手袋を交換することを忘れないこと)、寝具やフードボウルのような吸収性のある表面が汚れたら頻繁に取り替えることが非常に重要である。

さらに、猫の免疫システム全体をサポートし、FIPのような感染症に対する防御力を最大限に高めるために、抗酸化物質が豊富な栄養価の高い食事を与えるべきである。

糞口ルート:

猫は感染した猫の糞便中に排出されたウイルスを摂取することで感染する。 これは、猫が汚染された糞や砂に接触した後、毛づくろいをしたときに起こる可能性がある。

このため、多頭飼いでは細心の注意が必要である。FIPに感染するリスクを減らすためには、衛生管理が重要だからである。 すべての飼い主は、ネコの家庭内で定期的に適切な衛生管理を行うべきである。例えば、フードボウルを定期的に掃除すること、家の中でネコ同士がベッドや毛布を共有しないようにすること、そして週に一度、ネコが触れる可能性のあるすべての面を消毒することである。

呼吸器の飛沫:

しかし、FIPは感染した猫がくしゃみや咳をしたときの呼吸器飛沫を介して、猫から猫へ感染することもあります。 より病原性の高いネコ腸管コロナウイルス(FCoV)の呼吸器感染は、直接接触や間接接触といった他の感染様式に比べれば一般的ではありませんが、感染動物が感染性粒子を放出した際に、健康なネコがその近くにいればウイルスを吸い込む可能性はあります。

 

FIP 危険因子:

2歳未満、10歳以上、純血種またはキャッテリーの猫、過密な環境で生活している猫、免疫系が低下している猫は、FIPを発症するリスクが高い可能性があります。

年齢:FIPは2歳未満と10歳以上の猫によく見られます。 子猫と老猫はリスクが高いようだ。

若い猫やシニア猫は、免疫系が未熟であったり弱かったりすることが多く、FIPを発症するリスクが高くなります。 また、これらの年齢層は、他の猫と室内で生活したり、冒険のために屋外に出かけたり、シェルターやキャッテリーで他の猫と接触したりするため、猫コロナウイルスにさらされる頻度が高くなる傾向がある。

猫種:純血種の猫やキャッテリーの猫など、特定の猫種はFIPのリスクが高い可能性があります。

キャッテリーや純血種の猫は特にFIPを発症しやすい。 アビシニアン、ベンガル、ビルマン、ヒマラヤン、ラグドール、レックスは、他の猫に比べて病気のリスクがかなり高い。

バーミーズ、エキゾチック・ショートヘア、マンクス、ペルシャ、ロシアンブルーなどの他の猫種も、遺伝や繁殖プログラムでの露出の増加により、FIPにかかりやすいことがわかっている。

ペルシャ猫(およびペルシャ猫に関連する猫種)の遺伝的要因として、FIPの原因となるウイルスを制御する能力が他の猫種よりもやや劣っており、ウイルスに接触すると感染しやすいと考えられている。

ペルシャ猫がFIPの「素因となる対立遺伝子」を持っており、FIPの原因となるウイルスに感染しやすいという証拠がある。

混雑した生活環境:

人混みやストレスの多い環境で生活している猫は、猫コロナウイルスに接触するリスクが高く、感染してFIPを発症する可能性があります。

混雑した環境での生活に関連する危険因子には、他の猫との密接な距離、共有資源(餌皿、トイレ、ベッドなど)、ストレスによる免疫力の低下などがある。

特に、感染した猫はウイルスを唾液や糞便に排出するため、他の猫との接触は感染の重要な要因である。 猫同士の密接な接触は、ウイルスをより容易に拡散させる。

多頭飼いや保護施設では、家庭用洗剤で表面を消毒したり、異なるネコを撫でる間に定期的に手を洗うなど、衛生習慣を徹底することで感染の可能性を減らすことが重要だ。

遺伝学だ:

FIPを発症しやすい遺伝的素因を持つ猫もいます。 これは免疫システムや猫コロナウイルスを制御する能力に関係しているのかもしれない。

猫の遺伝的体質は、侵入してきたウイルス粒子を認識して撃退することができなかったり、細胞膜のウイルスに対する抵抗力が弱かったりすることで、感染しやすくなる。

また、猫の特定の細胞が免疫反応を起こしやすくなり、それが炎症を誘発し、さらなる組織損傷を引き起こすこともある。 さらに、FIPに関連する危険な猫コロナウイルス株の複製を制御する能力が欠如している猫もいるため、FIPを発症しやすくなっている可能性がある。

ストレスだ:

ストレスは猫の免疫システムに悪影響を及ぼし、感染症を撃退する能力を低下させる。 猫は、引っ越しや新しいペットを迎えるなど、環境や日課が大きく変わるとストレスを感じることがある。

猫がストレス要因にさらされると、体内でホルモンが分泌され、特定の免疫細胞の産生と機能が抑制される。 その結果、猫の全体的な免疫システムのパフォーマンスが低下し、FIPだけでなく、寄生虫や細菌によるものなど、他の病気や疾患にもかかりやすくなる。

猫の飼い主は、ストレスがいかに猫の免疫力を低下させるかを認識し、可能な限りその影響を軽減するための対策を講じることが重要である。 例えば、新しいペットや家族の一員を家庭環境に迎え入れる場合は、徐々に慣らしていくのがベストです。

免疫系の状態:

FeLVとFIVは猫に感染するウイルス感染症で、どちらも猫の免疫システムを攻撃する。 その結果、どちらかのウイルスが原因で免疫力が低下した猫は、FIPを含む他の病気や疾患を撃退することが困難になることが多い。

FeLVやFIVのような基礎疾患を持つ猫は、コロナウイルス感染にさらされたときに効果的な反応を示すことができず、発症に至る可能性が高くなります。

栄養失調の猫もFIPを発症しやすい。

FIPを予防する方法

猫の飼い主は、定期的なワクチン接種、健康な免疫システムの促進、適切な衛生管理によって、飼い猫がFIPに感染するリスクを減らすことができます。

ワクチン接種

ワクチン接種は、猫がFIPを発症するリスクを減らすための主な方法のひとつです。 猫のFIPの原因となる猫コロナウイルス(FCoV)を予防するワクチンもあります。

これらのワクチンは感染を完全に防ぐことはできませんが、感染した猫が臨床疾患を発症し、FIPに関連する重篤な症状を引き起こす可能性を減らすことができます。

しかし、ワクチン接種時にFCoVの血清反応が陰性であった猫は、その後感染しても症状が出にくい。

健康な免疫システムの促進

猫の免疫システムを健康に保つことは、FIPの予防に役立ちます。 適切な栄養摂取は、健康と強力な免疫システムを促進するために不可欠です。 猫には、充填物や副産物を含まない、高品質で種に適した食事を与えるべきである。

食事中のドライフードの量を制限することは、食事中の炭水化物によって引き起こされる炎症や、肥満、糖尿病、尿路感染症(UTI)などの栄養不良に関連するその他の病気を軽減するのにも役立ちます。

獣医師による定期的な健康診断を受けることで、ペットが健康を維持し、健康上の懸念を早期に発見することができます。 ジステンパーや狂犬病のような一般的な猫の病気に対する定期的なワクチン接種は、これらの病気に関連する感染症のリスクも最小限に抑えます。

猫がストレスや過密状態になりやすい環境、例えば多頭飼いや保護施設やレスキュー施設などで暮らしている場合は、エンリッチメント活動のためにおもちゃやスクラッチポールを用意し、各猫の間に十分なスペースを確保することが効果的かもしれません。

衛生対策

猫の飼い主は、FIPのリスクを減らすために、飼い猫の周囲の衛生対策に特別な注意を払うことが重要である。 ゴミ箱、餌と水のボウル、寝具、表面、おもちゃ、キャリーを定期的に掃除することで、ウイルスとの接触を最小限に抑えることができます。

また、汚染された可能性のあるものを扱った後は、よく手洗いをすることで、感染の可能性を減らすことができる。 多頭飼いまたはシェルターでは、交差汚染を避けるために、個々の猫だけが使用する場所を明確にすることが有益な場合がある。

病気の猫の世話をするときは、治療が完了するまでの間、使い捨て手袋を使用する。 このような場所を糞やその他のゴミから清潔に保ち、新鮮な食べ物を提供することで、ペットからペットへの感染拡大をさらに抑えることができる。

結論

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫では治療法が確立されていない重篤なウイルス性疾患です。 一般的に猫コロナウイルスの変異株によって引き起こされるFIPは、しばしば致死的であり、年齢や猫種に関係なく発症する可能性がある。

愛猫がこの衰弱性ウイルスに感染するリスクを減らすには、ワクチン接種に加え、健康な免疫システムを促進し、適切な衛生環境を維持するための対策を講じることが推奨されます。

結局のところ、FIPを完全に根絶することはできないかもしれないが、適切な予防策をとることで、ネコを感染から守ることができる。

error: Content is protected
0