1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

猫のFIP:猫がFIPと診断されたらすぐにすべき10のこと

cat fip

飼い猫がFIPに感染していることがわかったばかりであれば、不安になることでしょう。 もしあなたがそうなら、私たちは理解しています。 あなたの猫が猫FIPと診断された場合、あなたができる10のことをご紹介します。

1.猫FIPの専門獣医の助言を求める

猫の飼い主にとって、FIPの診断は恐ろしいものである。 この疾患は複雑で重篤であるが、タイムリーな介入と専門家による治療が、最愛のペットの健康を大きく変える。

獣医は、あなたの猫が生き残るための最善の方法を教えてくれるでしょう。 適切な治療を受けても、猫の生存率を上げるためにできることはたくさんある。

一緒に家に帰れば大丈夫な猫もいれば、重症の場合は入院して治療を受けなければならないこともある。

2.GS441524による治療開始

猫伝染性腹膜炎(FIP)をGS441524で治療することは、猫が生き延びるための第一歩です。 GS441524は、FIPの経口抗ウイルス剤で、この深刻な症状に苦しむ猫に高い有効性と極めて高い安全性が確認されている。

医師の指示に従って速やかに開始すれば、GS 441524は命を救うことができる。

副作用の可能性は比較的低いが、食欲、食餌の嗜好性、行動の変化、投与初期の一時的な下痢や嘔吐などがある。

重症の場合は、副腎皮質ステロイドの自己注射による治療を優先し、長期にわたる内服治療を開始する必要があります。同時に、栄養補給や入念な衛生管理など、最適な対症療法を継続することが、猫の回復を大きく助けます。

3.猫のFIPの症状を管理し、痛みを和らげる

ネコがFIPと診断されたら、症状を管理し、痛みを和らげるために早急に対処することが重要です。 FIPは猫に不快感を与える複雑な病気であるため、慢性的な状態を管理するための症状管理が不可欠である。

猫が不快そうで痛がっている場合は、鎮痛剤の使用が必要になることもある。 抗生物質もまた、FIPの症状によって引き起こされる可能性のある細菌感染に効果がある。 進行したFIPの場合、初期の炎症を抑えるためにステロイドが必要になることもあります。 しかし、ステロイドはFIPの抗ウイルス治療の妨げになるため、猫が安定したら直ちに中止する必要がある。

4.皮下輸液による水分補給

猫伝染性腹膜炎(FIP)は重篤で、しばしば致命的な疾患です。 治療計画の一環として、FIP猫の状態を管理するために皮下輸液が推奨されることがあります。

これは、適切な水分補給レベルを確保し、全体的な健康を改善するために、血流と体内にゆっくりと吸収されるように、皮下に水分を供給することを含む。 家庭での輸液療法は、猫のFIPのように補液が必要な病状を持つ猫が、点滴治療のために頻繁に獣医に通うことなく、水分補給を維持するのに役立つので有益です。

皮下輸液(SQF)は継続的に行うべきであるが、その頻度についてはいくつかのガイドラインがある。 ほとんどの猫は、全体的な健康状態、現在の脱水状態、獣医師または動物医療チームが判断するその他の要因に応じて、週1回から毎日までの定期的なSQFを必要とします。

SQFが必要かどうか、どれくらいの頻度で行うべきかについては、自宅でホームケアを始める前に、獣医に直接相談して適切な指導を受けてください。

獣医師の指示に従って滅菌済みの注射針と器具を使用して適切に行えば、自宅でSQFを投与することで、猫や子猫のFIPのような時折起こる病気による獣医師の定期検診での不必要なストレスを避けながら、必要な緩和を提供することができます。

 

5.猫のFIPに対する栄養サポート

猫のFIPの管理には栄養サポートが不可欠です。 栄養素は健康全般をサポートし、病気の原因であるウイルスと闘うために重要な役割を果たす。

猫のFIPに関しては、猫の健康のために考慮しなければならない特定の食事ニーズがあります。 実際、FIPを発症した猫の中には、栄養状態が悪く免疫力が低下したために発症した猫もいる。

免疫系はFIPによる感染を制御し、闘う上で重要な役割を果たしているため、適切な栄養摂取は最適な健康を促進し、この複雑な疾患の再発や発生を最小限に抑えるための鍵となる。

猫の食事を牛肉の生食に変え、さらにボーンブロスを与えて水分を補給する。 これらのビタミンを補給することもできる:

オメガ3脂肪酸:魚油サプリメントによく含まれるオメガ3脂肪酸は、炎症を抑え、猫の健康全般を改善します。 体液の蓄積や炎症など、FIPに関連した問題を解決する手助けになるかもしれない。

抗酸化物質:ビタミンCやビタミンEは、酸化ストレスの軽減と免疫システムのサポートを助けることができる。 獣医師は、あなたの猫に最適な投与量をアドバイスすることができます。

プロバイオティクスプロバイオティクスは、猫の胃腸の健康と免疫システムを助けます。 FIPは消化管に影響を及ぼす可能性があるため、プロバイオティクスが有効な場合があります。

免疫系のサポート:獣医師と協力して、β-グルカンや免疫調節剤などの免疫系サプリメントを検討する。

ビタミンB群:ビタミンB群、特にB-12は、一般的な健康と幸福に有益である。 まれにビタミンB複合体のサプリメントを勧められることもある。

L-リジンを避ける:リジンはアミノ酸の一種で、FIPによる上気道炎症状を改善する効果がありますが、FIPを直接治療するものではありません。 また、FIP治療の妨げにもなる。

 

6.快適で清潔な環境をつくる

FIPの猫にとって快適で清潔な環境を作り、維持することは、猫の全身の健康にとって不可欠です。 清潔な生活空間は、炎症による不快症状を軽減し、FIPに伴う免疫抑制の重症度を下げるのに役立つ。

猫の飼い主がこのような雰囲気を作り出す方法のひとつは、トイレ、水飲みボウル、食器にゴミや散らかり物がないようにすることで、猫の弱った免疫系にさらなるストレスを与えないようにすることだ。

さらに、家の中の過密状態を防ぐことも重要である。 これは猫FIPの発症リスクをさらに高めたり、コロナウイルス感染に関連した胃腸障害などの既存の症状を悪化させる可能性がある。

 

7.厳格な衛生対策の実施

猫がFIPと診断された場合、飼い主は他の猫を守り、病気の蔓延を防ぐために迅速に行動しなければならない。 感染した猫を隔離し、環境を清掃・消毒し、猫同士の接触を最小限に抑え、感染した動物を扱った後は手を洗うなど、厳格な衛生対策を講じることが不可欠である。

これらのプロトコルを実施する目的は2つある。第一に、FIPの家庭内外でのさらなる感染を防ぐことでリスクを軽減することである。 次に、発熱や消化不良などの身体的症状による不快感を軽減しながら、患猫にとって快適な環境を作ることができる。

猫が咳やくしゃみをしたときに発生するエアロゾル状の飛沫による細菌汚染を軽減するために、家庭内のすべての表面を、獣医療の専門家によって承認された消毒剤を使用して、毎日少なくとも10分間、定期的に清掃する必要があります。

さらに、手指衛生を徹底すること(感染動物と接触した直後に手洗いを徹底すること)は、人から人への感染リスクを大幅に減少させる。

猫の飼い主は、必要なときに手袋を着用するだけでなく、定期的な洗濯を心がけることで、曝露を抑えることができる。 専門家が提唱する診断と実行の段階において、一つひとつのステップに真剣に取り組むことで、ペットの親はこの病気と暮らすペットの生活の質を向上させることができる。

 

8.多頭飼い家庭に対する猫のFIP隔離プロトコルの施行

多頭飼いで猫が猫伝染性腹膜炎(FIP)と診断された場合、FIPに罹患した猫を他の猫から隔離することが、さらなる感染拡大を防ぎ、他の猫を保護するための鍵となります。 ペットが他のネコと接触するのを完全に防ぐことは難しいが、感染のリスクを大幅に減らす対策はある。

FIPは主に、共有のトイレや表面に付着した感染した糞便との接触によって感染します。 猫が接近したり、乱暴に遊んだりすると、FIPのような病気を媒介する可能性があるため、これらの行為を減らすことは、猫がFIPと診断された飼い主にとって最優先事項である。

食器や寝具の共有にも気を配り、複数の猫が直接触れ合うことはできるだけ控えることが大切だ。 FIPVは糞便から感染するので、猫ごとにトイレを分けるのが理想的です。 数週間に一度、自分の猫専用の楽しいおもちゃやひっかき板、隠れ家を作り、他の猫のものに嫉妬しないようにする。

さらに、もし可能であれば、それぞれの動物を別々に飼育することで、ストレスを軽減するだけでなく、病気も抑えることができる! 適切な隔離プロトコールを実施することで、ワクチン未接種の猫や免疫不全のFIP猫への猫コロナウイルス感染のリスクを減らすことができます。

また、唾液や毛皮などを通して細菌を撒き散らす可能性のある、共有の屋外エリアやフードボウル、衣服との接触を断つことも含まれる。 また、FIPのようなFIV/FeLV複合ウイルス性疾患に対するワクチンを少なくとも年に2回、同じ家庭内で暮らす健康な猫全員に接種するよう勧めることも検討すべきです。

これらのウイルスは深刻な病気につながる可能性があるだけでなく、隔離された環境に新たな感染症が持ち込まれ、治療が始まる前にペットの病状が悪化してしまう可能性もあります。

 

9.猫の状態をモニターする

猫の状態を注意深く観察し、FIPと診断された場合は直ちに動物病院を受診することが非常に重要です。 猫のFIPの症状は症例によって大きく異なるため、猫の行動や健康状態に変化があれば、すぐに獣医師などの経験豊富な専門家に相談する必要があります。

定期的な獣医の検診は、ウイルスの早期診断と治療の鍵となります。これにより、効果的な管理戦略、症状の緩和、ペットの延命が可能になります。

室内飼いの多頭飼いで猫同士が接触する可能性がある場合は、感染した猫の病気の進行を専門の獣医師が監視できるまで隔離プロトコルを実施することを推奨する。

警告サインには、急激な体重減少、極度の疲労/無気力、発熱、錯乱、見当識障害などがあり、これらはすべて緊急の医療処置が必要である。

10.他の猫との接触を制限する。

野生動物がFIP陽性の子猫をさらに危険にさらす病気を媒介する可能性があるため、屋外への出入りを制限する必要があります。鳥や生き物が迷い込みやすい屋外の削られた場所を避けることで、そのようなケースから子猫を守ることができれば、既存の診断以上の余分なものに感染する可能性を大幅に減らすことができます。

猫伝染性腹膜炎(FIP)に対処する際に必要な予防措置を講じる上で、感染率の主な原因となる物理的相互作用を減らすことは、確実性を最大限に高めることにつながる。

汚染された環境にさらされていることを意識しながら、個人の衛生対策に細心の注意を払うなど、安全に向けてきちんとしたステップを踏むことは、特に多頭飼いの家庭をより徹底的に巻き込んだ同様の状況内で関連する潜在的なコロナウイルスの拡散に対する重要な防御を提供することになる – 特にこの特定の病気の文脈のもとで、何度も何度も失敗することなく、医学的研究によって純粋に裏付けされた不可欠な実践。

error: Content is protected
0