1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

FIPの治療法: FIPの注射と錠剤の比較

fip treatments

FIPの治療に抗ウイルス薬GS-441524を使用する場合、皮下注射か経口カプセルか錠剤の2つの選択肢があります。 では、どうやって愛猫に適したものを選べばいいのだろう? この記事では、それぞれの治療法の利点と欠点、そしてあなたの猫のFIP治療にとっていつ、どのように最善の決断を下すべきかについて説明します。

通常、内服薬は錠剤の形をしている。 この種のGSは経口摂取される。 より多くの選択肢が利用できるようになったため、猫の飼い主は自分の猫に最適な治療法を簡単に選択できるようになった。 この記事では、これら2つのGS-441524製剤の違いについて、あなたの猫のFIP治療に最適な製剤を選ぶためのアドバイスとともにご紹介します。

注射によるFIP治療

まず、GS-441524の液体注射バージョンについて説明しよう。 この特殊なGSは治療可能である。 流体 GS-441524 によって特性が異なる。 生産者が利用する製造技術と化学的品質は、品質に大きな影響を与える。 ブランドによって価格が大きく異なることは、不確実性をさらに高めるだけだ。

GS441524の注射剤にはさまざまな濃度がある。 現在入手可能な最もポピュラーな濃度は20mgと30mgである。 GS-441524の最良の投与方法は注射療法である。 GS441524注射薬の皮下注射は、直ちに猫の血流を抗ウイルス薬で治療します。 医療従事者は、猫の症状や体重に基づいて、注射で特定の量を投与することができます。

注射治療を受けた猫は、わずか1~4日で明らかな変化を示すことが多い。 したがって、重度のFIP症状を示す猫には、注射が適切かつ唯一の効果的な治療手段である。 FIPの治療はすべて注射から始めなければならない。 猫の状態が安定するまで注射を続け、食事や排泄がきちんとできるようになってから、経口薬への移行を考えましょう。

経口FIP治療薬(錠剤、ピルまたはカプセル)

針による治療と比べ、経口治療はより迅速で簡単なFIP治療法である。 猫の飼い主は自宅で内服薬を投与することができ、毎日の診療所通いや注射にかかる費用を避けることができる。 内服薬には錠剤とカプセルがある。 カプセルは滑らかなテクスチャーで味もないため、一般的に猫は錠剤よりもカプセルの方が飲み込みやすい。 一般的に、経口カプセルや錠剤は、猫がもはや危険な状態ではなくなってから、つまり食事やトイレが規則正しくなり、断続的な発熱がなくなってから、治療の後期に利用することをお勧めします。

経口治療の欠点について説明しよう。 経口治療と注射治療の主な違いは、その作用速度である。 経口療法に使用される抗ウイルス薬GS-441524は、血流に入る前に消化管全体を通過しなければならない。

投与量をコントロールできないことが、経口治療の2つ目の欠点である。 GS-441524が愛猫の消化管でどの程度吸収されるかは予測できません。 猫の消化器官や健康状態によっては、経口カプセルが吸収する抗ウイルス薬の割合が低い場合があります。 猫伝染性腹膜炎(FIP)を発症した猫では、胃、腎臓、肝臓の機能が低下しているため、GSの吸収ペースに影響が出る。

注射針に比べ、経口カプセルや錠剤はリスクの高い治療法である。 注射療法を30日間行った後、または猫の状態が安定した後にのみ、経口治療をお勧めします。

注射と内服治療の比較

FIPの治療における注射と内服の違いを表にしてみました。

愛猫にはどの方法を選ぶべきか?

FIPの治療は、私たちの推奨に従って注射から始めることが推奨されている。 注射を繰り返して急性痛やひどい皮膚炎を起こした場合は、猫の状態が安定次第、経口カプセルに移行することができます。 注射による治療を30日間行った後、経口薬に切り替えても通常は安全である。 これは、FIP治療中にGS-441524が十分に投与されていることを保証し、将来の再感染のリスクを減らすための最も信頼できる手法である。

経口投与と注射投与に影響する要因

現在、嘔吐・嘔吐があり、下痢をしている猫は、一般的にGS-441524の経口投与が不適当と考えられる。 その結果、重度の胃腸病を患う猫は、少なくとも問題が解決するまでは注射を始めることが多い。 特に過去には、ほとんどの人がGS-441524の注射剤から始めていた。 注射剤のほうが安価で、投与量もより正確にコントロールできる。 また、GS-441524の皮下吸収は経口吸収よりも確実であり、これはしばしば重症で不安定な猫の初期治療において重要な要素となる。

猫がGS-441524の注射を続けるかどうかは、飼い主が効率よく注射を行うことができるかどうか、猫が注射の痛みに慣れるかどうか、注射部位がただれるかどうかによる。 このような場合、内服薬は飼い主と猫患者の双方にとって歓迎されることが多い。

注射剤と経口剤GS-441524の治療成功率の比較

経口のGS-441524の成功率は、用量を注意深く計算し、効果的に投与することを前提にすれば、現在では注射剤とほぼ同じである。 しかし、GS-441524の経口剤と注射剤で反応が異なるという報告がある。 注射からGS-441524の経口投与に切り替えた後に再発した猫や、初期治療としてGS-441524があまり効かなかった猫はわずかである。 また、注射が効きにくい病気は、同用量のGS-441524の経口投与に切り替えて治療している。

なぜなら、GS-441524は経口または皮下投与で血流に入り、組織に到達するからである。 この変更以前に使用されていた注射剤または経口剤のGS-441524ブランドは粗悪品であった可能性が高い。 多くの場合、別の経口剤や注射剤に切り替えると、すぐに反応が改善した。

ウイルスはさまざまな程度の薬剤耐性を発達させているため、GS-441524の注射剤だけが、神経疾患の効果的な治療に必要な非常に高い血中および脳脊髄液レベルに到達できると考えられていた。 しかし、神経性FIPの猫はフィップメッドによく反応している。 さらに、注射剤GS- 441524の例外的な高用量に反応しなかった猫もこの中に含まれた。 経口投与による治療法で、神経性FIPの治癒例が増加している。 これは、困難な症例におけるFIPの経口治療の経験が増えた結果であるか、あるいは、より可能性が高いのは、経口製剤の品質が向上したことである。

GS注射はどのように打つのですか?

皮下注射は「サブキュ」とも呼ばれ、皮膚の下に直接注射することを指す。 少なくとも12週間は毎日、24時間ごとにほぼ同じ時間に注射しなければならない。 猫の筋肉に針を刺してはならない。 GSを注射するときはチクッとするが、注射が終わるとすぐに違和感はなくなる。 また、YouTubeにも多くの動画がアップされている。 最初の1、2回は獣医師に注射をしてもらい、注射の仕方を教えてもらうのがよいでしょう。 注射のために拘束するのが難しい猫には、毎日獣医に行く必要があるかもしれない。

結論

そのため、飼い主は飼い猫のFIP治療として必ず注射法から始め、飼い猫の状態に応じて30日前後で錠剤の服用に移行する必要がある。 注射による投薬と経口による投薬にはそれぞれ長所と短所があり、FIPに罹患した猫にどちらを選択するかは獣医師と猫の飼い主次第である。

error: Content is protected
0