1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

FIPの症状感染猫の兆候

sintomi della fip

FIPの症状

猫コロナウイルス(FCoV)は、生命を脅かす病気である猫伝染性腹膜炎(FIP)を引き起こす可能性があります。 このウイルスの変異型に感染した猫は、それに伴う重篤な症状を発症する可能性があるため、FIPを早期に発見・診断することは非常に重要である。

この記事では、猫のFIPの様々な徴候や症状、そして診断技術について説明します。 飼い猫が病気になったときに何を見ればよいかを理解することで、迅速に医療機関に相談し、最愛のペットの命を救える可能性があるのだ。

FIP早期発見の重要性

適切な治療を開始し、さらなる合併症を防ぐためには、FIPの早期発見が不可欠である。

他の疾患の除外

猫伝染性腹膜炎(FIP)の診断に関しては、他の病気を除外することがプロセスの重要な部分です。 FIPと同じような症状があっても、まったく別の病気である可能性もあります。

従って、FIPとその他の疾患を区別することは、適切で効果的かつ安全な治療法を提供する上で極めて重要である。 結膜炎や尿路感染症など、一般的な猫の病気を除外しないと、間違った診断や間違った治療方針が進められ、ペットの健康に深刻な結果を招く可能性があります。

FIPの診断は複雑で、疑惑を確かめるには、抗体検査や血液検査など、獣医師が実施しなければならない検査がいくつかある。

早期に治療を開始する

FIPの治療をできるだけ早く開始することが決定的に重要である。 この病気は急速に進行し、治療なしでは致命的となるため、早期発見と迅速な医療介入が予後を改善する鍵となる。

FIPに罹患した猫は、嗜眠、発熱、食欲不振、体重減少などの非特異的な症状を示すことが多く、病気の診断を困難にすることがあります。 さらに、猫伝染性腹膜炎(FIP)の治療に有効な治療法は今のところありません。

時宜を得た介入は、FIPの進行に伴う臓器不全による生活の質の低下を防ぐのにも役立つ。

FIPの初期症状

猫では、行動変化、体重減少、食欲不振などの初期非特異的症状や、変動する発熱を呈することがある。

非特異的症状

FIPは非特異的な症状が多岐にわたるため、他の病気と間違えやすい。 これらの初期徴候は通常漠然としており、無気力、無気力、食欲低下、体重減少、変動する発熱などがある。

場合によっては、これらの身体的症状に伴って行動にも変化が現れる。

FIPの最初の兆候かもしれないので、エネルギーレベルの増加や減少など、猫の健康状態の小さな変化に注意を払うことが重要です。 猫によく見られる病気であるにもかかわらず、原因が微妙であるため、食欲不振やピカ(食べてはいけないものを食べてしまう状態)のような徴候がないか注意深く観察しない限り、初期段階で発見するのは難しい。

発熱の変動は、猫に何か異常があることを意味することもあるので、一日中定期的に猫の様子をチェックする際に、体温が大きく変化していないかどうか注意してください。例えば、初期に獣医から抗生物質のような薬を処方されて治療したにもかかわらず、発熱が24時間以上続いているような場合は要注意です。

行動の変化

FIPに感染した猫の場合、飼い主はまず、活動性の低下、元気のなさ、食欲不振など、あまり目立たない症状に気づくことがあります。 あなたの猫は、以前よりもずっと積極的でなくなり、一人でいることを好んだり、一日中寝ていたりするようになるかもしれません。

また、他のペットや人間との交流を避けるようになるかもしれない。 ペットが食べ物以外のものを食べ始めたら、FIPのサインかもしれません。

食欲不振に加えて、猫が自力で餌を食べようとしたり、餌を与えても全く興味を示さなかったりすることがあります。

体重減少と食欲不振

体重減少と食欲不振はFIPの初期症状の2つである。 猫が初めて感染した場合、数週間から数ヵ月後まで症状が現れないことがある。 しかし、体重の減少が遅く、食欲が減退している場合は、何か問題があることを示している可能性がある。

猫の体重減少は通常、微妙なものだが、飼い主が気づかないはずがない。わずか数日の間に体重が15~20%突然減少した場合、FIPの可能性がある。 同様に、好ましい食べ物を与えられても食欲が減退する場合は、病気の発症を示唆している可能性がある。

このような複合的な症状は、FIPによる臓器不全や、慢性腎臓病などの深刻な疾患を指し示すことがある。これらの疾患は、早期に発見されなければ、放置されたまま急速に進行し、猫の生命を脅かすことになる。

多くの猫の飼い主が、これらの症状に伴うエネルギーレベルや活動性の劇的な変化を観察していると報告しており、獣医師や飼い主が診断や治療を決定する際の重要性をさらに強調している。

発熱の変動

猫の発熱は、一般的に高熱と微熱が交互に繰り返されるものと定義される。 猫伝染性腹膜炎(FIP)に関連する最も初期の臨床症状のひとつです。

この種の発熱は、平熱と危険な高熱の間を毎日変動する。 このようなことは突然起こる可能性があるため、猫の飼い主は定期的にペットの体温を観察することが重要です。突然の変化はFIPやその他の深刻な健康問題の兆候かもしれません。

猫が病気になると、変動する熱と持続する高熱を混同しがちだが、この2つは全く異なる病気であり、それぞれ異なる治療法が必要である。

FIPの高度な徴候

症状は、臓器不全や体液貯留など、より重篤な影響へと進行する可能性がある。 続きを読む

臓器不全

臓器不全は猫伝染性腹膜炎(FIP)に伴う最も深刻な結果のひとつです。 FIPは、腎臓や肝臓など様々な臓器に影響を及ぼす炎症性疾患である。

最も進行した段階になると、臓器機能障害や不全に至ることもある。 このような臓器の損傷は、体内の特定の部位によって異なる様々な症状を引き起こす可能性がある。

よく見られる症状としては、発熱、体重減少、嘔吐や下痢、嗜眠、食欲不振などがある。

臓器は互いに協力し合って私たちの体内で機能するシステムを構築しているため、これらの臓器に影響を及ぼす感染症や疾患は、獣医学の専門家による適切な治療と監視が行われない場合、生命を脅かす可能性がある。

治療せずに長く放置すると、罹患した動物の全身の健康に多大な負担をかけることになり、やがては壊滅的な病気になったり、早期に発見して適切な治療を受けなければ死に至ったりする。

したがって、治療計画を成功させるためには、早期診断が不可欠である。 早期発見には、行動の変化、発熱の変動などの非特異的な症状を理解すること、FIPの一般的な徴候に精通することが含まれるかもしれません。

持続する高熱

は、猫伝染性腹膜炎(FIP)の進行期によくみられる臨床症状です。 この発熱は華氏102度から105度に達することがあり、数週間から数ヵ月続く。

早期に診断することは、他の病気を除外し、治療を開始するのに役立つので重要である。 発熱は広域感染による炎症が原因で、嗜眠、腹部腫脹、食欲不振、体重減少、黄疸などの徴候を伴うことがある。

抗生物質の投与や抗炎症薬の投与にもかかわらず発熱が続く場合は、FIPの可能性がある。 適切な治療を開始すれば、高熱は正常化することが多いが、検査で白血球数が上昇していることが証明された場合は、この状態を放置しておくと猫の命に関わることがあるため、獣医師による早急な治療が必要である。

体液の蓄積

体液の蓄積は猫のFIPの重要な徴候であり、体の様々な部位に起こります。 胸部では、心臓や肺の周囲に水分がたまり、動きが制限されたり、呼吸困難に陥ったりする。

さらに、胸水と呼ばれるタンパク質を多く含む液体が過剰に形成されることによる閉塞のために、リンパ節が腫れることもある。 体液は腹部や陰嚢など他の臓器にも溜まり、その部分が腫れて猫に痛みを与えることがあります。

さらに、FIP感染による眼圧上昇のために、色調の変化や混濁、角膜の肥厚(角膜浮腫)、ハイポピヨン(眼球後方の白い泡)、網膜剥離など、眼球内に蓄積された徴候が猫の目に現れることがあります。

FIPウイルスに感染した猫では、腹部の腫れを伴う腹部の膨隆や圧痛といった視覚的な特徴に加え、40℃に達することもある発熱の持続、安静にしていても改善しない嗜眠、体重減少につながる食欲低下など、より一般的な症状にも注意する必要がある。

目の問題

目の問題は猫伝染性腹膜炎(FIP)の一般的な指標です。 FIPの猫では、化膿肉芽腫性前部ぶどう膜炎を特徴とする眼病変が起こることがあります。 症状としては、眼球の炎症、目を細める、第3まぶたの腫れ、眼球の肥大などがあり、放置すると視力が低下したり、失明に至ることもある。

このような眼症状を呈する動物は、涙の分泌量が増加したり、感染による潰瘍のために眼から出血したりすることがある。

さらに、FIPに関連した神経症状は、光の変化に適切に反応しない縮瞳などの視力や目の問題を含め、神経系に影響を及ぼす可能性がある。

FIPによる神経症状を患っている猫では、頭の傾き、目を細めたり眼瞼下垂を引き起こす顔面神経麻痺、歩行時のバランスの崩れなどの脳神経障害もよく見られる。

最後に、湿潤型滲出性FIPの一部の症例では、角膜肥厚を伴う眼圧上昇が見られ、適切または迅速な治療が行われない場合、時間の経過とともに視力を失う可能性がある。

非介入性ドライFIPの臨床症状

このFIPの典型的な症状には、嗜眠、発熱、食欲不振、体重減少、黄疸がある。

無気力

無気力は猫伝染性腹膜炎に関連する臨床徴候のひとつとして一般的に報告されている。 この症状は、非発汗性、発汗性、眼性のいずれでも猫に現れることがあり、より深刻な何かが起こっている兆候であることもある。

多くの猫は、他の症状が出る前にこの無気力という症状を示すので、他の症状が進行する前に、できるだけ早く無気力を観察することが重要であることを示している。

猫伝染性腹膜炎の初期の徴候や症状は、多くの場合、全身に及びますが、容易に気づくことができます。 ほとんどの症例で見られる特別な症状として、過度の疲労感や無気力感があり、長時間じっとしていたり、通常の習慣とは異なる睡眠行動が長く続くことがある。

このような猫の活動エネルギーの不足は、弱っているために食欲が増しているにもかかわらず、やがて体重減少につながる可能性がある。

FIPの診断には早期発見が不可欠である。他の病気を除外し、適切な治療を早急に行うことで、予後を大幅に改善することができる。

FIPのもう一つの一般的な指標は、行動の変化であろう:人の周りでは社交的であったのが、人を完全に避けるようになり、反社会的になる(それまで友好的であったとしても)。

フィーバー

発熱はFIPに関連する一般的な臨床徴候であるが、非特異的であり、様々な病気に罹患している猫に見られることがある。 発熱は、非発作性ドライFIPの猫が示す唯一の臨床症状である可能性があり、獣医師が猫をこの病気かどうか評価する際に考慮すべき重要な症状であることを覚えておくことが重要です。

猫がFIPによる発熱を起こすと、病気は急速に進行し、ほぼ必ず死に至ります。 FIPの診断は、呼吸器感染症や炎症性疾患など他の多くの疾患でも同様の症状が見られるため、その曖昧な症状のために困難な場合もある。

したがって、発熱が持続したり変動したりする場合は、体重減少、眼球の変色、神経学的異常など、FIPの典型的な身体徴候の1つ以上と合わせて、猫伝染性腹膜炎感染の可能性を調査し、適切な場合には適時に治療と支持療法を開始することが不可欠です。

拒食症

食欲不振は、猫で観察されるFIPの非特異的かつ非局所的な徴候の一つとして一般的に認識されている。 食欲不振とは、痛み、病気、怪我などのために食べる意欲が減退し、食欲がない、または失われた状態を指す。

FIPを発症した猫は、食欲不振に苦しみ、栄養不足のために貧血を起こし、健康全般に影響を及ぼし、正常な機能を妨げる。 FIPのような生命を脅かすウイルスに感染した猫では、元気がない、無気力、体重減少、発熱などの症状がしばしば食欲不振を伴います。

猫の飼い主は、手遅れになる前に獣医師の診断を仰ぐことができるよう、これらの症状に早期に気づくことが重要である。 獣医師は、FIPを正確に診断するために、血液検査や抗体検査とともに身体検査を行います。

減量

体重減少はFIPの一般的な臨床症状であり、特にドライFIPの症例では顕著である。 体重減少に伴う症状は、病気の重症度によって異なる。 初期の徴候としては、食事摂取量の減少や成長速度の鈍化が考えられるが、より進行した段階では、短期間での体重の大幅な減少、エネルギーレベルの低下、筋肉の衰弱などが考えられる。

ドライFIPに罹患している猫は、体重減少に加えて、行動の変化、発熱の変動、食欲不振などの症状を示すことがあります。

猫伝染性腹膜炎(FIP)と一致する徴候を示す猫に関しては、原因不明の体重減少や急激な体重減少の存在を無視してはならない。 もしあなたの猫が、何の説明もなくいつもより痩せているように見えたり、明確な理由もなく過剰に毛が抜けているようであれば、すぐに専門の獣医に相談することが大切です。

黄疸

黄疸はFIPの猫で観察される徴候で、通常、嗜眠や体重減少などの肝不全や肝腫大(肝臓の肥大)の他の徴候と一緒に観察されます。 健康診断の結果、猫の皮膚は黄色っぽく、特に腹と目に見られることがある。

場合によっては、黄疸が猫の全身を覆うこともある。 黄疸は、ビリルビンの濃度が上昇し、赤血球が分解して放出した色素分子が循環中に蓄積することによって生じる。

胆嚢や、消化に必要な肝臓と小腸の間にある構造物を含む胆道管のどこかに障害があることを示している。 FIPには決定的な検査項目がないため、この臨床徴候の検出は診断に極めて重要です。黄疸はしばしば、猫伝染性腹膜炎のような肝臓関連の疾患や、慢性胆管炎に伴う腫瘍性変化、あるいはこれらの臓器が関与する悪性腫瘍など、根本的な問題を獣医師が特定するのに役立ちます。

FIPが疑われる猫では、臨床検査で全血球数とともに総ビリルビン数を評価する必要がある。

滲出性湿性FIPの臨床症状

胸部、腹部、陰嚢の腫脹は、滲出性湿性FIPに関連する徴候の一部である。

胸部の腫れ

胸部腫脹は滲出性湿性FIPに伴う臨床徴候であり、胸部に液体が貯留する。 その結果、呼吸が困難になり、心拍数、体温調節、ガス交換などの臓器の正常な機能に影響を及ぼす可能性がある。

胸部の腫脹はFIPの進行段階を示し、一般的に呼吸数の増加や呼吸時のゴボゴボという音で現れます。 胸部のむくみが長期間続くと、内臓への圧力が高まり、血流や酸素供給が減少して栄養失調になることがある。

さらに、胸部腫脹を治療せずに長期間放置すると、重要な臓器に永久的な損傷を与え、最終的には死に至ることもある。

腹部の腫れ

腹部の腫脹は猫伝染性腹膜炎(FIP)の滲出型に伴う臨床徴候である。 この型のFIPは胸部や腹部に液体が貯留するのが特徴で、腹水貯留とも呼ばれる。

胃腸系とその臓器は、この余分で異常な体液に取り囲まれてしまう。 X線撮影、超音波検査、腹腔穿刺は、FIPが疑われる猫の腹水貯留の有無を確認するための診断法である。

さらに、体液分析はFIPによる腹水貯留を正確に診断するために非常に有益な結果をもたらす。

FIPの一部の症例では、血管の損傷が炎症を引き起こし、胸部や腹部などの空洞に漏出する体液のレベルが上昇し、最も一般的に観察される徴候である腹部の腫脹を引き起こすことがある。

陰嚢の腫れ

陰嚢の腫脹は、体腔液貯留を特徴とする猫伝染性腹膜炎(FIP)の一種である滲出性湿性FIPの一般的な症状である。 猫の陰嚢の腫脹は、陰嚢の大きさに原因不明の変化がある場合、特にそれが急速に起こる場合、あるいは嗜眠や発熱などの他の徴候を伴う場合に、飼い主が発見することができる。

この型のFIPは最も一般的に若い猫が罹患し、腹水貯留、胸部腫大、体重減少、黄疸、持続する高熱などの症状を伴って急速に発症する。

陰嚢の腫脹は、獣医師がこの状態を早期に発見するために用いる主な臨床症状のひとつであり、通常は他の徴候が現れる前であるため、飼い主がこの症状に気づいておくことは重要である。

眼性FIPの臨床症状

虹彩の変色、視力低下、角膜肥厚、低ピヨンなどのFIPの徴候に注意してください。

虹彩の変色

虹彩の変色はFIPの眼型を示す臨床徴候である。 典型的には、FIPを引き起こすウイルスによる感染で炎症を起こし、虹彩の色の変化、目の異常な濁り、瞳孔の内側に凝集したような外観(白斑)として現れます。

角膜肥厚や視力低下もこの徴候を伴うことがあり、通常、放置すると最終的には永久的な視力低下につながる。 クロランフェニコールやチアンフェニコールなどの抗原虫薬による迅速な治療を開始するためには、この病態の早期発見と診断が重要である。

虹彩の変色は単独で、あるいは化膿肉芽腫性前部ぶどう膜炎とペアで現れた場合、FIPの存在を示すことがありますが、他の真菌感染症でもFIPに見られるような眼症状が現れることがまれに知られています。従って、眼や視覚能力に関連する危険な可能性のある疾患について決定的な診断を下す前に、必ず獣医師による血液検査や抗体検査などの適切な診断検査を行う必要があります。

視力の喪失

視力の低下は、あなたの猫が眼性FIPに罹患している可能性を示す最も顕著な徴候のひとつです。 これは進行性の症状で、より重篤なウイルスがすでにペットの中で活動していることを示しています。

FIPに関連する眼に関する他の一般的な症状には、虹彩の変色、角膜の肥厚、ハイポピヨン(前眼部の裏側にある膿で満たされたポケット)の存在、あるいは眼球構造内の炎症による網膜剥離などがあります。

肉芽腫性前部ぶどう膜炎(炎症)は、ハンドライトサイン(懐中電灯のような焦点の合った光を目に当てると黄色く散乱する)のような徴候を示す、そのような症状の一つである。

この症候群は、不十分な流出入を伴う視力の著しい低下と、虹彩の嚢胞構造や病変に関連しており、長期間放置すると眼窩内にも破壊を引き起こす。

角膜肥厚

角膜肥厚はFIPに関連する重要な臨床徴候である。 この症状は、角膜として知られる眼球の外側部分が、炎症によって通常よりも厚くなることで起こる。

猫の場合、これはウイルスか細菌によって引き起こされ、その影響が顕著になるまでに数週間かかることがある。 通常、この症状がわかりやすいのは、視界の曇りや痛みなどの他の徴候が同時に見られる場合である。

角膜肥厚を経験した猫は、はっきりと見ることが難しく、視力の低下のために不快感や痛みを感じることがあります。 この状態を放置しておくと、両眼に不規則な圧力がかかり、両眼に永久的な損傷を与えるなど、さらなる合併症を引き起こす可能性がある。

ハイポピオン

ハイポピヨンとは、角膜の底に白血球が蓄積した状態を表す医学用語で、炎症や感染症が眼球を侵した場合によく現れる。 猫のFIPの結果として起こる眼球内の炎症であるぶどう膜炎を伴うことが最も一般的です。

ぶどう膜炎は猫の瞳孔を拡大し、肥厚させます。したがって、これらの徴候だけを見てFIPを診断するのは難しいかもしれません。しかし、ハイポピヨンは診断が正確かどうかを見極める確かなヒントを与えてくれます。

ハイポピオンは、白血球(白血球)が虹彩から侵入し、眼球の内房に蓄積することによって起こる。 その結果、眼球の1つまたは複数の部分に目に見える濁りが生じたり、獣医師による光曝露試験で瞳孔が変化したりするなど、身体検査による直接的な観察が可能になる。

網膜剥離

は、網膜がその下の支持組織や血液供給から引き離されることによって起こる症状である。 高血圧、甲状腺機能亢進症、腎臓病など、さまざまな病状によって引き起こされる可能性がある。

猫伝染性腹膜炎(FIP)の猫では、網膜出血や剥離に加えて肉芽腫性変化が起こることがある。

神経性FIPの臨床症状

平衡感覚の欠如、頭の傾き、発作、行動の変化などの徴候に注意する。 FIPの診断について学ぶには、続きをお読みください。

不均衡

不均衡は猫伝染性腹膜炎(FIP)の一般的な症状で、しばしば何かが間違っていることを示す最初の徴候です。 FIPの猫では、バランスの悪さが歩行困難や協調性の喪失として現れることがあります。

寝た状態から立った状態に切り替えた場合、すぐにバランスを取り戻すことができず、前後に揺れる猫もいる。 この特別な症状の原因は、あなたの猫が発症したFIPのタイプによって異なります。神経学的損傷や、腹部または胸腔内の体液貯留が原因かもしれません。

猫のアンバランスは軽視されるべきではなく、早期診断により予後が大幅に改善されるため、かかりつけの獣医に相談する必要があります。 獣医師はまず、猫の歩行が協調しているかどうかを評価するために、運動機能や反射を見るなどの身体検査を行う。

ヘッドチルト

頭部傾斜は前庭症候群を示すことが多いため、神経学的FIPの重要な臨床徴候である。 前庭症候群は、脳の平衡感覚を司る部分が正しく機能しないためにバランスが崩れ、協調運動が困難になることで起こる。

猫の場合、これは頭の傾きとして現れる。 このような場合、眼球の動きが正常でなくなり、片方の眼球は素早く前後に動き、もう片方の眼球はじっとしていることがある。また、重力によって眼球が回転し、猫が直立していることが難しくなることもある。

発作

痙攣は、神経学的病変が存在する場合、猫伝染性腹膜炎(FIP)の臨床徴候である可能性があります。 FIPの神経型は猫では運動失調、眼振、さらには発作として現れる。

FIPによる発作の兆候としては、不適切な排泄、ぐるぐる回ったり攻撃的になったりする認知症のような行動、協調性やバランスの低下、奇妙な発声や意識消失などがあります。

猫が発作を起こしたら、速やかに獣医師の診察を受けさせ、診断を受けてください。

発作活動は、治療せずに放置しておくと、すぐに永久的な損傷を引き起こす可能性があるため、感染した動物の可能な限り最善の健康を維持するためには、早期にその兆候に気づくことが不可欠です。

行動変容

行動の変化は猫伝染性腹膜炎(FIP)の初期の指標となることがあります。 ある種の行動は、運動失調、眼振、痙攣、協調運動障害、意思振戦など、FIPの神経学的形態を示すことがある。

FIPの他の非神経学的徴候には、体重減少、衰弱、嗜眠などがある。 飼い主を心配させる一般的な症状のひとつは、飼い猫の行動パターンが突然変化することだ。 猫がいつもよりよく隠れたり、いつもはしないのに攻撃的になったりするのは、何らかの基礎疾患を示している可能性がある。

FIPの診断

獣医師は、まず身体検査を行い、血液検査や抗体検査などの診断検査を行います。

獣医師による身体検査および画像診断結果

獣医師による身体検査はFIPの診断に不可欠な要素である。 健康診断を通して、獣医師は動物の外見と内部の健康状態を評価する機会がある。

例えば、陰嚢の腫れや、液体が充満した臓器の存在を示す胸郭の拡大など、身体検査で目に見える異常があれば、獣医はFIPの潜在的な兆候を発見することができる。

ある臓器(胸郭、腹部、陰嚢)に体液が溜まっている証拠があれば、FIPに罹患している側に体液が溜まっている可能性があり、これは診断のための疑いを確認するのに役立ちます。

経験豊富な獣医師による割礼は、呼吸器症状がFIPそのものによるものではなく、肺炎や気管支の炎症によるものであるかどうかの確認にも役立つ。

血液検査

FIPの場合、血液検査は他の病気を除外するのに役立ち、この疾患の診断へのさらなる手がかりとなる。

血球、タンパク質、肝臓の結果など、多層的な診断を提供できる多くの測定値がある。 読むたびに答えがさらに絞られ、FIPの特定がより確実なものとなる。

さらに、健康診断の際に行われる検査によって、FIPそのものとは直接関係しないが、間接的にFIPの診断を裏付けるような、症状の根底にある他の原因が特定されることがある。酸塩基平衡や蛋白レベルの有意な変化が確認されれば、感染による炎症が疑われ、猫伝染性腹膜炎と診断される可能性が高くなる。

 

抗体検査

抗体検査は、感染因子の潜在的な存在を判定するための診断ツールとして一般的に使用されている。 猫伝染性腹膜炎(FIP)に関しては、抗体検査で猫コロナウイルスの抗体レベルを測定することができるが、血清や胸水に抗FCoV抗体が存在する猫では偽陰性の結果が出ることが知られている。

抗体検査だけではFIPを診断することはできず、正確な診断のためには、検査結果が陽性であることに加えて、FIPに一致する臨床症状が認められる必要がある。 現在のところ、FIPを診断するための決定的な検査はないため、治療に関する結論や戦略を進める前に、獣医師による注意深い身体検査、さらなる検査、病歴評価によって、猫に同様の症状を引き起こす可能性のある他の病気(白癬や癌など)を除外することが重要です。

結論

猫伝染性腹膜炎(FIP)の早期発見は不可欠です。治療法は限られており、FIPを発症した猫の予後は一般的に不良だからです。 熱の上がり下がり、食欲不振、元気消失など、初期には症状が曖昧なこともあるため、飼い主や獣医師が注意深く観察し、行動の変化を見つけることが重要である。

臓器不全、高熱の持続、体液の貯留、目の異常など、より進行した徴候が明らかになれば、診断には血液検査や抗体検査に加え、獣医師による身体検査が必要となる。

早期発見が可能であれば、提案された治療法を迅速に認識することができるため、FIPに関連する可能性のあるすべての症状を認識しておくことが重要である。

 

error: Content is protected
0