1 day delivery from 15 local warehouses to all US regions, Canada, UK, Germany, Italy, France, all other EU countries, Dubai, Brazil, Japan, South Korea, Australia & NZ.
Talk to our chatbot Clawdia for instant answers or email us support@fipmed.co for replies within 2 hours.

FIPは伝染するのか?

FIPは感染しますか? 他の猫の病気ほど感染力は強くないものの、FIPは依然として感染性のウイルスであり、すべての猫の飼い主は潜在的なリスクを認識しておく必要がある。

猫伝染性腹膜炎(FIP)は一般的に、他の一般的な猫伝染病よりも感染力が弱いと考えられています。

猫がかかりやすい他の感染症と比較して、FIPは感染の可能性が低い。 猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウイルス(FCoV)の感染によって引き起こされます。

このウイルスは伝染性があり、猫から猫へと感染する可能性があるが、一般的には上気道感染症や特に致死性の高い汎白血球減少症に関連するウイルスよりも伝染性は低いと考えられている。

また、FIPは暴露されたからといってすべての猫が発症するわけではなく、年齢、品種、遺伝、ストレスレベル、その他多くの要因が、暴露後に発症しやすいかどうかに影響することも知っておく必要がある。

FIPウイルスの種類

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫腸管コロナウイルス(FECV)と猫コロナウイルス2型(FCoV)という2つの異なるウイルスによって引き起こされます。

FECV

猫コロナウイルス(FCoV)は、猫伝染性腹膜炎(FIP)に関連する感染性の高いウイルスである。 感染した猫の糞便中に排出されることがあり、感染経路のほとんどは、これらの分泌物や分泌物を含む表面に直接触れることによって起こる。

このため、フォマイト感染、つまり表面や指の間から口へと微生物が移動することで、感染が拡大しやすいのだ。 猫がFCoVに感染しにくくするために、常に衛生習慣を身につけましょう。

必要であれば、複数の猫を別々の部屋で飼うなど、可能な限りストレスレベルも最小限に抑えるようにする。研究により、ストレスレベルが高い猫は、免疫システムの状態低下により、FIPのような病気にかかりやすいことがわかっているからだ。

FCoV

一般にFCoVと呼ばれる猫コロナウイルスは、コロナウイルス科に属する感染性ウイルス病原体である。 FCoVは比較的一般的な猫の軽症で自己限定的な胃腸疾患の原因であるが、感染した猫からは数ヶ月から数年にわたり断続的に排出されることがある。

このウイルスは種特異性が低いため、犬や野生動物など他の動物もこのウイルスに感染する可能性がある。

FCoVは多くの場合、2頭の猫が直接接触することで感染し、症状のない保菌者が知らずに他の猫に感染させる。 また、一つ屋根の下で暮らす複数の猫の間で共有される餌や水用の食器やおもちゃなど、汚染された物を介して間接的にウイルスが侵入することもある。

毛皮のふけや多量のウイルス粒子を含む呼吸液のような呼吸空間の粒子が、周囲のネコによって吸い込まれると、伝染性物質を拡散する可能性さえある。

 

FIPの伝染力を猫の他の伝染病と比較してみよう:

FIPは一般的に、汎白血球減少症、上気道感染症、FIV、FeLVよりも感染力が弱いと考えられている。

猫汎白血球減少症(猫ジステンパー)

猫汎白血球減少症は猫ジステンパーとも呼ばれ、猫パルボウイルスによって引き起こされる猫の伝染性ウイルス感染症です。 主に子猫やワクチン未接種の猫が感染するが、あらゆる年齢や猫種に感染する可能性がある。

ウイルスはすべての排泄物、特に糞便中に存在するため、直接または間接的な接触によって猫から猫へ簡単に感染する。

臨床症状はウイルスの株や罹患猫の年齢によって異なりますが、発熱や微熱、嗜眠・抑うつ、食欲不振、嘔吐があり、血液を含む下痢はFPlV感染の一般的な指標です。

場合によっては、適切な診断と治療をすぐに行わなければ、命にかかわることさえある。 この病気は猫伝染性腹膜炎(FIP)と混同してはいけません。両者は症状が似ていますが、猫に感染するウイルスが異なるからです。

上気道感染症

上気道感染症(URI)は猫に最もよく見られる感染症である。 他の病気と同様に、URIはカリシウイルス、ヘルペスウイルス、アデノウイルス、ボルデテラ・ブロンキセプチカ、クラミドフィラ・フェリスなど、多くのウイルスや細菌によって引き起こされる可能性がある。

症状には、くしゃみや咳、鼻づまりや鼻汁、目の充血や目やに、食欲不振、発熱、だるさ、口やのどの潰瘍、脱水症状などがある。

他の上気道感染症よりもまれですが、猫白血病ウイルス(FeLV)もこの感染症に関連することがあります。

猫が上気道炎に感染する最も一般的な方法は、他の感染猫との直接的または間接的な接触です。例えば、遊んでいるときにグルーミングし合ったり、フードボウルや寝具を共有したりすることです。

猫免疫不全ウイルス(FIV)と猫白血病ウイルス(FeLV)

これらは2つのレトロウイルスで、免疫反応に関わる猫の細胞を攻撃し、猫を他の感染症にかかりやすくする。 FIVは深く咬まれた傷口から感染するのが一般的で、FeLVは主に母猫から子猫へ、あるいは唾液や鼻汁を介して感染する。

どちらのウイルスも免疫力の低下を引き起こし、Sキナリア・チューリケンシス、バルトネラ・ヘンセラ、口内炎ウイルス(FHV)、口唇炎などの日和見感染症を持続的かつ反復的に引き起こす危険性を高める。

どちらも免疫不全症候群(人間のHIV/エイズに似ている)を引き起こすことで知られており、ガンや細菌性疾患などの病気に対する猫の自然免疫力を低下させる。

 

FIPはどのように感染するのですか?

FIPは通常、直接接触、間接接触、糞口経路、呼吸器飛沫を介して伝播する。 飼い猫がどのような影響を受けるかをよりよく理解し、予防策を講じるために、詳細をご覧ください!

直接コンタクト

猫がFIPに感染する最も単純で一般的な方法は、直接接触することである。 グルーミングをしたり、フードボウルやトイレを共有したりといった直接的な接触によって、感染した猫が他の猫に直接ウイルスを移す可能性がある。

さらに、FCoVを保有していることが知られている猫と最近接触したことのある飼い主と抱き合うなど、より密接な物理的相互作用によっても感染する可能性がある。

もうひとつの重要な要因は、くしゃみをした飛沫がFCoVを猫から猫へと拡散させることである。 このような感染経路は他の感染経路に比べれば少ないが、動物間での感染経路のひとつであることに変わりはない。

そのため、飼い主はペットに適切な衛生習慣をしつけ、子猫と添い寝をする際には常に細心の注意を払う必要がある。

間接的な接触

猫伝染性腹膜炎(FIP)の感染には、間接的な接触が重要な役割を果たします。 これは、感染した猫が触れた汚染された表面や物(フォマイトと呼ばれる)との接触を指す。

衣服、おもちゃ、グルーミング用具などの付着物は猫の毛皮を汚染し、これらの表面からウイルスが消失するまでの短期間、ウイルスを媒介する可能性がある。 猫は自分自身や他の猫を毛づくろいすることが多いため、たとえ猫同士が直接接触していなくても、毛づくろいによって感染する危険性がある。

また、唾液や糞便に含まれる粒子が、他の猫が触った表面に付着した場合にも、布団などの乾燥した素材が保菌者となる可能性がある。

多頭飼育の家庭や混雑した環境では、汚染が頻繁に起こりうる表面が多いため、ウイルスの間接感染が特に起こりやすいと考えられる。

糞口ルート

糞便-経口経路は、猫におけるFIPの最も一般的な感染経路のひとつである。 猫コロナウイルス(FCoV)は感染した猫の唾液から検出されることがありますが、主に感染した猫が汚染した糞便に接触することで感染します。

このタイプの感染は、感染していない猫が、トイレやその他の表面(フードボウルや寝具など)からウイルス複合体に接触した物質を摂取することで起こる。

伝染性のため、混雑した生活環境では糞便汚染が多く、感染のリスクが高まる。 多頭飼いの場合、飼い主は可能な限り猫を分け、個別のケアと注意を与えるべきである。

つまり、猫一匹一匹に専用のトイレを与え、使用後の掃除がしやすいようにするのだ。

また、定期的な掃除だけでなく、多頭飼いしているすべての猫が使用する表面を週単位で消毒し、感染の可能性をさらに減らすことも忘れてはならない。

呼吸器の飛沫

FIPはくしゃみや咳の飛沫で感染することはほとんどありません。 ウイルスは空気中に浮遊し、猫の周囲の環境を汚染する可能性があるが、ある動物から別の動物への感染には密接な接触が必要である。

シェルターやコロニーのような混雑した環境で暮らす猫は、動物同士の距離が近いため、このようにFIPに感染するリスクが高くなる。

特に、免疫レベルが低くFIPに感染しやすい可能性のある他の猫のそばでくしゃみや咳をする際には、衛生管理を徹底しなければなりません。

あるいは、効果的な消毒法を用い、寝具、食器、廃棄物など、感染物に触れる場所を定期的に消毒することも、伝染病の蔓延を抑えるのに役立つ。

猫がFIPにかかりやすい要因

年齢、品種、生活環境、遺伝、ストレス、免疫システムの状態などはすべて、猫のFIPのリスクに影響します。

年齢

FIPに罹患するのは2歳未満の猫が最も多く、全症例の約80%がこの年齢層の猫に見られる。 FIPに感染するリスクが最も高いのは生後4~12ヵ月の子猫で、診断された猫の半数近くがこの年齢層に属する。

若齢の子猫であっても、免疫系が未発達で環境ストレスに弱いため、ウイルスに感染しやすい可能性があります。

また、シャム猫やビルマ猫などの特定の猫種は、遺伝的体質によりFIPにかかりやすい可能性があります。 また、チーターは他の猫種よりも猫伝染性腹膜炎を発症する可能性が高く、その理由は細胞性免疫の欠乏により非常に感受性が高いからである。

品種

純血種の猫の飼い主は、FIPにかかりやすいことを特に意識する必要がある。 純血種は混血種に比べ、細胞性免疫の遺伝的欠損によりFIPを発症しやすく、チーター、ペルシャ、ベンガル、スコティッシュフォールドなど特定の猫種は特に発症しやすい。

このような高いリスクは、これらの特定の品種が、遺伝的多様性が制限された近親交配や加速された繁殖サイクルによって開発されたことが一因であると考えられる。

純血種に関連するこのようなリスクの高まりから、純血種の猫の飼い主はもちろん、他の品種の猫を世話する人にとっても、ペットの感受性を理解し、適切な予防措置を講じたり、より効果的な健康管理を行うことが重要である。

猫ジステンパーや上気道炎のような一般的な感染症に対するワクチンを接種することで、猫が感染する可能性を減らすことができます。回復力のレベルに応じて必要な食事を調整すること、身体的特徴に基づいて運動を行うこと、混雑した状況をコントロールすることで露出を制限することなどが挙げられます。

混雑した生活環境

混雑した生活環境は、猫とその健康に大きな影響を与える可能性がある。 混雑は猫にさらなるストレスを与え、長期的に免疫力を低下させ、猫伝染性腹膜炎(FIP)を含む感染症にかかったり感染させたりする可能性を高めるため、有害である可能性があります。

まだ最適な免疫力が確立していない若い子猫の場合、ストレスは特に危険である。 過密状態がもたらす心理的な影響に加え、個体間の物理的な距離が近いため、汚染された呼吸器分泌物を舐めたり咳き込んだりすることで、唾液を介して猫同士が直接感染しやすくなる。

さらに、感染した猫の糞便が食器やひっかき棒に付着し、そのひっかき棒を感染していない猫が使用するといった間接的な接触は、シェルターやキャッテリーのような混雑した環境でFIPがさらに広がるリスクを高めます。

したがって、FIP感染を含む一般的な病気に対する抵抗力を高め、全体的な健康状態を改善するためには、ペットの猫に十分なスペースを与えることが最も重要です。

遺伝学

猫伝染性腹膜炎(FIP)には遺伝が関与しており、その蔓延を決定する重要な指標となりうる。 オス猫の方がメス猫よりも罹患率が高いという研究結果もあり、性別がFIPの発症や感染リスクに影響を及ぼす可能性が浮き彫りになっている。

例えば、バーマン猫はFIPに関連する特定の遺伝的要因と強く関連している。 純血種とランダムブリードのどちらの背景を持つ猫も、コロナウイルスや他の罹患猫からの感染によってウイルスに感染する可能性があるが、特定の品種に時々見られる遺伝子を持つ猫は、そのリスクの高さを子孫に伝える可能性がある。

猫腸管コロナウイルス(FeCV)のような適切な種類のウイルスに片親が感染している場合、子猫は他の感染動物と接触していなくても、後にFIPを発症させる可能性のある株を持っている可能性があります。

残念なことに、このような遺伝子の伝達は受胎時に起こるため、遺伝した遺伝子によるダメージを抑制できる可能性はほとんどなく、飼い主はペットをこの種の病気から守るために別の手段を検討することになる。

ストレス

猫の飼い主として、ストレスが猫伝染性腹膜炎(FIP)の発症を助長する可能性があることを認識しておくことは重要です。 再入院、最近の手術、同時感染などで猫がストレスを受けると、免疫反応が低下し、FIPに感染しやすくなります。

複数の猫が近くにいる混雑した生活環境では、ストレスレベルが急速に上昇し、免疫力がさらに低下してFIPに感染しやすくなります。

ペットがFIPを発症するリスクを軽減するために、猫の親として責任を持ってできる対策があります。平和な家族同士が十分なスペースを確保し、資源を奪い合うことがないようにすること、信頼できる日課を作ること-これはストレスを抑えるのに役立ちます。

愛情を注いであげることで、絆が深まり、見捨てられたという感情が薄れ、ストレス症状として現れる心配が少なくなる。

免疫システムの状態

猫の免疫はFIPの発症に重要な役割を果たしている。 免疫系が弱っている猫はこのウイルスに感染しやすいが、免疫系が強く機能している猫は自然な抵抗力を持っている可能性がある。

一般的に高齢の猫は若い猫に比べて免疫力が弱いため、年齢が猫の免疫力とFIP発症のリスクに影響する要因であり、そのため感受性が高くなる。

また、特定の犬種は、FIPのような病気を引き起こす原因物質に対する先天的な強さもさまざまである。 純血種の猫は遺伝的にFIPを含む特定の病気にかかりやすいことが多いが、家猫の中にも遺伝によって抵抗力を持つ猫がいる。

また、ストレスは免疫力を低下させ、猫伝染性腹膜炎のような感染症から子猫の体を守ることを難しくします。些細な不都合や変化と思われることが、家庭の日常生活を大きく狂わせ、毛皮の赤ちゃんの免疫防御システムを脆弱にする引き金になる可能性があります。

飼育下で飼育されているチーターでさえ、遺伝的欠損によって細胞性免疫の特定の成分が阻害され、FIPに非常にかかりやすくなっていることが判明している。

結論

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、糞便との接触や呼吸器感染によって広がる可能性はありますが、一般的には感染力の強い病気ではないと考えられています。 FIPのリスクを減らすには衛生管理を徹底することが重要であり、猫のストレスを軽減することもウイルスの変異を防ぐ鍵である。

FIPは他の猫の病気ほど一般的ではなく、感染しやすいものでもないが、感染症やその潜在的なリスクについて理解を深めたい飼い主にとっては、考慮に値するものである。

error: Content is protected
0