15 の現地倉庫から米国全地域、カナダ、英国、ドイツ、イタリア、フランス、その他すべての EU 諸国、ドバイ、ブラジル、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドへ 1 日でお届けします。
チャットボット Clawdia に話しかけるとすぐに回答が得られます。support@fipmed.co に電子メールを送信すると 2 時間以内に返信されます。

猫 病気 FIP: 成功事例と体験談

猫 病気 FIP:これらの FIP ウォリアーのサクセス ストーリーをお読みください。
FipMed 治療により、これらの毛むくじゃらは最も悲惨な猫の病気を何とか乗り切ることができました。

Martian が FIP に感染したのは生後わずか 2 か月のときでした。病気が発覚した時、目の前が真っ暗になりました。 しかし、FipMed 治療が功を奏したことをとてもうれしく思います。

MJの進歩にとても満足しています。彼は今、以前の活発で遊びに夢中な日常に戻っています。少し前に、彼のお腹が日に日に大きくなっていることに気がつきました。最初は太っただけだと思いましたが、彼は徐々に弱くなっていきました。私と遊びたがらず、食欲もありませんでした。そして、彼は湿性腹膜炎と診断されました。獣医がFIPとは何かを説明してくれたとき、私はとても悲しくなりました。獣医医は私に長くはないだろうと話しましたが、どんなに困難でも救うと言いました。薬は本当に効きました。獣医は、彼がどれほど速く回復しているか信じられませんでした。皆さんに心から感謝します。これからも続けていただければ幸いです。

Doudou がFIPでひどく悪化するのを見ました… ありがたいことに、獣医がこの FipMed を紹介してくれました。彼は私たちにあきらめないように言いました。数日間の治療の後、彼は食事をするようになり、再び昔のように見えました. Doudouが救われたことに感謝しています…

2ヶ月前、PancakeはFIP(猫伝染性腹膜炎)と診断されました。パルボと同じくらい恐ろしい病気の存在にビックリ! GS-441524 は本当に効果があります。当初はこの薬の効果を信じていませんでしたが、今ではこの奇跡をみんなに伝え、Pancake の話を共有し続けています。 FipMed の注射を開始して約 1 週間後、彼女は食欲を持ち始めましたが、まだ痩せていました。治療の 5 週目に、彼女は少し足を引きずりましたが、歩いたり走ったりすることができました。 11週目には病気は完全になくなりました!本当に素晴らしいことです!

私たちの猫Missyは、この治療なしではここにいなかったでしょう。彼女は食欲を失い、呼吸困難になりました。彼女の呼吸は非常に速くなり、苦しそうでした。私は FIPの経験は2回目でした。何年も前に、私は別の猫を失いました。だからこそ、この薬が FipMed を通じて入手できることをとても嬉しく思います。あなたのチームのおかげで、私の猫は治療を受けることができました。また、あなたの指導とアドバイスは回復の過程でとても役に立ちました。心より感謝申し上げます。

私はシェルターからHarryを手に入れましたが、彼はおそらくその時点ですでに病気でした。彼を家に連れて帰って間もなく、状態はますます悪化しました。彼が生き残るとは本当に思っていませんでした。彼は私たちの家に来たばかりですが、それでも家族の一員です。私たちは彼を救うために最善を尽くさなければなりませんでした。私たちの近所の獣医は私たちに FipMed を勧めました。ご存じの通り、薬は高価ですが治療が成功したことをうれしく思います。現在、彼は私たちと一緒に旅を始める準備ができています 🙂

error: Content is protected
0