15 の現地倉庫から米国全地域、カナダ、英国、ドイツ、イタリア、フランス、その他すべての EU 諸国、ドバイ、ブラジル、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドへ 1 日でお届けします。
チャットボット Clawdia に話しかけるとすぐに回答が得られます。support@fipmed.co に電子メールを送信すると 2 時間以内に返信されます。

FIP 再発のすべて:予防、原因、治療

fip relapse

なぜFIPは再発するのか?

FIPはウイルスによって引き起こされるため、初期治療後もしばらくの間、感染した猫の体内で病気が潜伏(不活性)していることがあります。 FIPの再 発は、治療終了後、ウイルスが再活性化すれば、数カ月から数週間後にも起こる可能性がある。

さらに、神経性FIPの症状を持つ猫では、他の病型に比べて再 発が多く、この問題に特にかかりやすいことがわかっています。

眼、脳、脊椎の感染を伴う確立された症例では、FIPの完全な解決と回復には最低12週間の治療コースが必要な場合がある。

GS441524による治療でFIPの再 発を防ぐには?

免疫抑制剤を使用しない

免疫抑制剤は通常、猫伝染性腹膜炎(FIP)の初期治療の際に炎症によるダメージを軽減するために処方される薬です。

免疫抑制剤は炎症を抑え、免疫を抑制することで自然な防御システムを弱めるため、FIPからの回復を妨げる可能性があります。 その結果、再 発や感染症などの合併症のリスクが高まる可能性がある。

最低84日間治療を続ける

FIP再 発の猫にGS441524を84日間投与することを推奨しているが、これは研究の裏付けに基づくもので、その方が治療効果が高まることを示している。 393人の患者のうち、90%がGS441524を12週間にわたって投与した場合、良好な経過をたどり、11.4%が84日を超えて治療を延長し、さらに良好な結果を得た。

このことは、成功率を最適化するためには、推奨される用量を完全に服用することの重要性をさらに強調している。

GS441524の投与量が少ないと、再 発や薬剤耐性のリスクが高くなり、最終的にあなたのネコちゃんの治療がうまくいかなくなる可能性があります。

十分な水分補給と栄養補給

FIP再 発治療中は、十分な水分補給と栄養補給を行うことが重要である。 水分補給は臓器機能を正常に保ち、ウイルスに対する免疫システムの反応をサポートするため、FIPの猫に治療を行う際には非常に重要である。

その上、この病気に伴う血液凝固の問題を軽減するのにも役立つ。 一方、適切な栄養摂取は、治癒と回復をサポートする上で不可欠な役割を果たす。

感染症に冒された筋肉を増強し、衰弱した状態や薬の副作用で失われたエネルギーレベルを回復するには、十分なタンパク質の摂取が必要である。また、特定の栄養補助食品は、ウイルスに対抗するために猫の免疫力をさらに高めるのに役立つ。

再 発した場合の治療法は?

GS441524の投与量を増やす

猫のFIP治療後に再 発した場合は、GS441524の投与量を50%増やす必要がある。 高用量であれば、FIP再 発の治療効果が向上する可能性がある。

あなたの猫がGS441524に対して高い耐性を獲得している場合、GC376と併用することができます。 しかし、再 発した場合、猫が助かる可能性は通常低い。

 

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、猫にとって非常に重篤な疾患であり、再 発に関しても深刻な懸念があります。FIPの再 発を防ぐためには、まず原因を理解することが重要です。FIPはコロナウイルス(FCoV)感染が原因であり、猫の体内で突然変異したウイルスが免疫系に過剰な反応を引き起こすことで発症します。この過剰な免疫反応が再 発をもたらす可能性があります。

予防策としては、猫の環境を清潔に保つことや、複数の猫を飼育する場合は感染のリスクを最小限に抑えるための注意が必要です。また、ワクチン接種も考慮されますが、現在のところFIPの効果的なワクチンは存在しません。

FIPの再 発を治療するためには、免疫抑制剤や抗ウイルス薬などの治療が行われることがあります。しかし、FIPの再 発は治療が困難であり、予後は不確定要素が大きいとされています。そのため、猫の健康管理と早期発見が重要であり、再 発を避けるための努力が必要です。

error: Content is protected
0