15 の現地倉庫から米国全地域、カナダ、英国、ドイツ、イタリア、フランス、その他すべての EU 諸国、ドバイ、ブラジル、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドへ 1 日でお届けします。
チャットボット Clawdia に話しかけるとすぐに回答が得られます。support@fipmed.co に電子メールを送信すると 2 時間以内に返信されます。

FIP 猫とは何ですか?

猫 FIP(猫伝染性腹膜炎)は、猫に深刻な影響を与え、罹れば致命的ともいわれるウイルス性疾患です。

FIPはネコの上気道、または消化管でよく見られるネココロナウイルスの変異株によって引き起こされます。

ほとんどのネココロナウイルスは軽度から中等度の症状を引き起こしますが、FIPの原因となる変異株は攻撃的な免疫反応を引き起こし、広い範囲で炎症と臓器の損傷を引き起こします。

猫FIPの種類

猫FIPには主に湿性と乾性の2種類があります。
湿性 FIP は、猫の腹部または胸腔に体液が蓄積することで現れ、呼吸困難や腹部の腫れを引き起こします。

一方、乾性 FIP は、臓器によって症状がちがいます。神経系の不調や腎不全に至る可能性があります。

両方に見られる兆候として、熱があがったりさがったり、食欲不振、エネルギー低下、体重減少、黄疸 (皮膚の黄変)、および全体的な健康状態の悪化などがあります

猫 FIPの原因

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、ネココロナウイルス(FCoV)の変異株によって引き起こされます。

ネココロナウイルスは通常、猫の上気道に感染しますが、深刻な病気を引き起こすことはありません。
しかし、このウイルスがより攻撃的な株に変異すると、FIP の発症につながる可能性があります。

ネココロナウイルスに1つでも感染していれば、そのネコはウイルスの変異が起こる可能性があります。

これらの株に罹ったすべての猫が必ずしも FIP を発症するわけではありません。発症する原因は年齢、健康状態、遺伝的要素、環境ストレス要因など、さまざまな理由があります。

猫 FIP はどのように感染しますか?

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、主に感染した体液や糞便に触れることで伝染します。猫の糞便中に排出されるFIPネココロナウイルス(FCoV)は、汚染された環境で数週間生存できます。

猫が感染した糞便に直接触れる、またはトイレ、寝具、食器、グルーミング遊具などウイルスがついたものに触れることで、猫は FIP に感染する可能性があります。

FIP猫と感染していない猫との接触も、FIP猫が生まれる原因の1つです

たとえば、鼻から鼻へのあいさつ、毛づくろい、フードボウルの共有です。

FIP 猫の症状

FIP 猫の初期の症状は、無気力、食欲減退、体重減少、熱があがったりさがったりなど、漠然としたものです。

しかし、病気が進行するにつれて、神経系の異常や、腹部や胸部への体液の蓄積など、より深刻がFIP猫に現れるおそれがあります。

FIP猫のその他の症状には、下痢、嘔吐、発育不全、上気道の徴候、眼の病変 (曇り目など)、食欲不振などがあります。

これらの症状は、猫が発症した FIP 感染のタイプ (乾性または湿性 FIP) によって違います。
突然現れることもありますし、時間がたって現れることもあります。

FIPの診断

FIP 猫の診断は、複雑な組織の検査が必要で、困難な場合があります。

FIP の確定診断を行うために、獣医師はFIP猫から採取した生検サンプルで猫のコロナウイルスを探します。

この検査は、ウイルスに対する抗体の存在を特定するのに役立ちます。

さらに血液検査は、炎症や自己免疫疾患を示す特定のタンパク質の増加を検出できます。

GS-441524によるFIP治療

GS-441524 は、ネコ伝染性腹膜炎 (FIP) に対し、効果的な抗ウイルス療法です。この治療法は、他の方法では病気を治すことができなかった何千もの猫の治療に成功しています.

GS-441524 は、細胞内でウイルスが増えるのを阻止し、FIP猫の中でウイルスが体全体に広がらないようになります。

調査によると、多くのFIP猫の飼い主がよい結果を報告しています。GS-441524 治療を通じてまだ希望があるかもしれません.

猫のFIPを予防する方法

複数の猫を飼っている家庭では、猫同士の接触が増えるため、FIP 感染率が高くなる傾向があります。

猫の飼い主は、新しい猫を家に迎え入れたり、ペットと一緒に外出したりするときに感染ルートが無いか注意し、予防をしなくてはなりません。

トイレや皿などの共有アイテムの定期的な洗浄と消毒、および適切な手洗いの実践は、愛する猫の間で、この非常に感染性の高い病気の蔓延を最小限に抑えることができるのです。

最適な治療コースを見つけるお手伝いをいたします

FIP猫を治療するために今すぐ行動しましょう。

error: Content is protected
0